Biblo


短時間でさっと読める味のある書評サイト

*

立川談春『赤めだか』

   

 

 

溺死

 

読了後、熱帯魚店に赤めだかを眺めに行った。一匹80円のものから1000円のものまで。日焼けした浅いバケツの中、めだか特有の匂いを散らしながらひれを動かし続ける。表情は読めない。金魚を探す気にはなれなかった。

修行は、矛盾に耐えることよりも、自我を折ることに近い。自分は互換不可能なオリジナルな存在であり、いま以上に厚遇されるべきである。そうした錯覚を、長い年月をかけて現実に順応させていくことでもある。

落語の世界はシンプルで美しい。すべて芸事の始まりがそうであるように、決まり事に見える枠組みは存在するが、至上価値は統一されているからだ。落語家は、落語の文脈の中で面白いものを誰よりも深く評価することができる。敬意を抱き、面白いものについていく。当事者だけが、妙を知っている。

だから、落語のスキームに身の丈を合わせることができればスタートラインに立つことはできる。型を知り、型を破ることで、独自の世界観を築くことを目指す。それができなければ、脱サラして身を捧げる覚悟も打ち砕かれる。

自我を折ることも、オリジナルになることも出来なければ、羨望と嫉妬を込めて想いを託す。どうか、続けてください、ものになってください、と。舞台から降り、観客になる。多すぎる餌に溺れる「赤めだか」のように。

脈々と続いていく純化された世界の中で青年が見た愛憎と落伍、誠意と優しさ、何よりも人間の在り方を切り取った愛すべき佳作である。

 

(eyecatch source http://www.seefitness.co.uk/wp-content/uploads/2015/10/goldfish.jpg)

 

©たけと

 

 - たけと

ad

ad

  関連記事

jinsei
水野敬也・長沼直樹『人生はニャンとかなる』

    表紙のねこは、何を見ているのだろう。かわいさが前面に …

shutterstock_19351639
西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

    びんぼう   「カネ」の話、というよりは、 …

when_time_was_new
R・F・ヤング『時が新しかったころ』

    誰がこの本を手にとったとき、狂おしいほどの悲痛なラブ …

sakaguchi
坂口恭平『坂口恭平のぼうけん』

    坂口恭平を、エキセントリックな才人として記憶していた …

egg-cracking-with-light
絲山秋子『海の仙人』

    孤独の殻   「運命の女性」の死でさえ、か …

bujin
高嶋博視『武人の本懐』

    東日本大震災における海上自衛隊の活動記録。副題には、 …

andy-warhol
香山リカ『劣化する日本人』

    「自己愛」と「日本人の劣化」。最近のリカ先生は、この …

image
宮城谷昌光『劉邦』

    個と国家 作家生活25周年目の節目にあたる作品だ。中 …

salaryman
綾小路亜也『サラリーマンの本質』

    ピンチに見舞われる人には常にピンチがふりそそぐし、チ …

bkg_timeless_design
村上春樹『職業としての小説家』

    思想の証明   今回の『職業としての小説家 …