Biblo


短時間でさっと読める味のある書評サイト

*

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

   

 

 

びんぼう

 

「カネ」の話、というよりは、「びんぼう」の話に近い。びんぼうの怖さ。びんぼうをこじらせると人はどうなってしまうのか。そして、そうならないためにサイバラ師が見出した、生きるための仕事という手段。背表紙にもある。“どん底だった、あのころのこと”。この本で綴られているのはそういう話だ。

 

サイバラ師はずるい。若いときから客商売に生きてきた人だからか、読者に向けた文章がどういうものなのか、とてもよくわかっている。こちらにしてみればサイバラ師の吐露にすぎないような内容でも、読んでいてじんわりしみこんできてしまう。ああ、良い話を読んでしまったな。という読後感にさせられてしまう。苦労を垣間見せる。読んだからってびんぼうが治るわけじゃないのに。ずるい。

 

社会人になって、親元から離れて一人暮らしをはじめ、慣れない仕事に戸惑いながら、ちょっとギャンブルに手を出してみたり、でもなんとなくむなしくて、あー、カネ無いなー、なんて思いを抱え、仕事に意味を見出せずにどうしていいのかわからないでいる人に、ぜひ読んでほしい。

 

ひとりで生きるために、稼ぐために働き、働くことと生きることをもういちど繋げようとした西原理恵子の葛藤に、少しだけ癒されるかもしれない。

 

 

(eyecatch source http://gcaptain.com/wp-content/uploads/2012/08/shutterstock_19351639.jpg)

 

©たけと

 

 - たけと

ad

ad

  関連記事

jinsei
水野敬也・長沼直樹『人生はニャンとかなる』

    表紙のねこは、何を見ているのだろう。かわいさが前面に …

sokatsu
南和友『蘇活力』

    京都府立医科大学を卒業後、ドイツ国費留学生としてデュ …

egg-cracking-with-light
絲山秋子『海の仙人』

    孤独の殻   「運命の女性」の死でさえ、か …

image
宮城谷昌光『劉邦』

    個と国家 作家生活25周年目の節目にあたる作品だ。中 …

andy-warhol
香山リカ『劣化する日本人』

    「自己愛」と「日本人の劣化」。最近のリカ先生は、この …

sakaguchi
坂口恭平『坂口恭平のぼうけん』

    坂口恭平を、エキセントリックな才人として記憶していた …

bk-index-v3
筒井康隆『世界はゴ冗談』

    老いと文学   2020年東京オリンピック …

bkg_timeless_design
村上春樹『職業としての小説家』

    思想の証明   今回の『職業としての小説家 …

bujin
高嶋博視『武人の本懐』

    東日本大震災における海上自衛隊の活動記録。副題には、 …

when_time_was_new
R・F・ヤング『時が新しかったころ』

    誰がこの本を手にとったとき、狂おしいほどの悲痛なラブ …