Biblo


短時間でさっと読める味のある書評サイト

*

よしもとばなな『High and dry(はつ恋)』

      2014/10/16

 

 

見える人、信じる人

 

彼女は見える人だ、と知ったときの喜びったらない。そのころのわたしは、どうにも人生がうまくいっていなかった。昔からパラレルワールドだの、幽霊だの、そういうことには人一倍敏感に反応し、それはあると、頑なに信じて疑わなかった。だから、サンタさんが実は両親だった、ということに気付いた中2の冬は、ひどく哀しい思いをしたものだ。

けれどもそんな壁もなんのその、夢見る夢子の質は変わらず、21くらいになるまでそのままで生きてきてしまった。見えないものがいちばん大事だと心の底から思っているから、そのまま就職活動では、「心ある表現者になりたいです」と言ったりした。けれども、それではどこも受け容れてはくれなかった。

大人はわたしたちこどもに、昔はよく言っていたと思う。「夢は叶うよ」と。なのに、この歳になって社会に出るとなると急に、その顔を一変させ、こう言い始める。「現実を見ろ」と。わたしにはそれが、この上なく恐ろしかった。大人はわたしたちと“ごっこ遊び”をしてきたのか、と、ひとり憂鬱になったりもした。

心のやり場のない、そんなわたしをあたたかく迎え入れてくれたのは、いつでも、こちらの世界の住人だったように思う。彼女のように見えていても、それを個性として、そうして自分の糧として、逞しく生きているひとたちもいるのだ。そう思えるだけでわたしは、わたしはまだ生きていてもよいのだと、許されているような感じがした。

この作品も同様だけれど、特に、彼女が14歳くらいのお話なので、感性がひと際光っている。異様に“おませ”なところはまったくついてはいけないけれど、彼女は常に全身で世界を感じようとしているので、読んでいてとても気持ちがよい。いわゆる現実をぽーんと手放して、感受性に身を委ねられる、とても優しい物語だ。

 

©しゅり

 

 - しゅり

ad

ad

  関連記事

moshidora
岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

    不器用なりの優しさ 淡々としている、という表現がいち …

premonition-of-civil-war
村上春樹『ウォーク・ドント・ラン』

    衝動とその収束   いつからかこう考えるよ …

God-was-holding-god-the-creator-11197020-845-867
村上春樹『風の歌を聴け』

    はじめの一歩   「君は君自身を太宰治と並 …

keritai
綿矢りさ『蹴りたい背中』

    蹴りたい そうか。「さびしさは鳴る」のか、と。たしか …

body_knows_everything
吉本ばなな『体は全部知っている』

    魂が体に勝るとき   器が邪魔だ、と思うこ …

XE-0736
綿谷りさ『インストール』

    堕落の向こう 聖璽、という名は覚えていた。マンガ版を …

sunset
江國香織『落下する夕方』

    独白 わたしには見えなかった。だってあなたが、からだ …

buranko
いしいしんじ『ぶらんこ乗り』

    書くということ ぶらんこのようにゆらゆら揺れる。あっ …

1994
川上弘美『センセイの鞄』

    センセイ。 ていねいになでつけた白髪、折り目正しいワ …

withdrawal
吉本ばなな『白河夜船』

    死か、不倫か。 ひとりの空間に慣れすぎると、だんだん …