Biblo


短時間でさっと読める味のある書評サイト

*

山田英司『武術の構造——もしくは太極拳を実際に使うために』

      2014/08/26

 

 

あなたは武術を実際に使えるものだと考えているだろうか。

もしかしたら、リングで戦う野性的な格闘家の方に説得力を感じるかもしれない。

武術を「力がいらない」「女性でも習える」と習得にあまり労力のいらない護身程度の理論だと思っているだろうか。

型稽古を繰り返したは良いが、使える状況はどのようなものか。

格闘を観る方よ、相手が一人のときに有効だったタックルは集団に囲まれるとどう対処するのか疑問に思ったことは?

 

これらの疑問に答えるのが本書である。高校の時分に購入してから私は友人に渡すためにさらに三冊も購入した。未だに新しく正しい理論だからだ。

武術に上達の理論は数多ある。しかし、上達したはずの自分が実戦に出ることを想像すると足が竦むというのが武術家の本音だろう。生き死にの技だからこそ容易く稽古に使えず、物置に忘れられて久しい。咄嗟のときに使えるか定かではない。そんな人が武術を実際に使えるはずがない。技術の効能を十全に発揮できる想定を組み立てなければ無力だ。

本書はソシュールの記号論の観点が切り口になっている。非常に高いところにある観点だ。伝統武術と格闘技を内包して、それらの差異を成立の過程から明らかにしていく。伝統武術は伝統と冠するだけあって発祥が古い。そして、その成立は発祥の時代性に強く左右されるからだ。

今と昔は違う、今作られて洗練された格闘技がイチバン強い。なんて結論はナンセンスである。リングの上で闘うことを前提にして作られたわけではない。

 

リングの上では武術は最弱だ、なんて達観した結論にもならない。著者は武術を愛している。さらに先の、武術を使えるように現代に適用させるためにはどんな歯車を噛み合わせればいいのか。その方法論から具体的な技術、稽古法までも考え尽くされている。

武術を理解するためには必携の一冊である。

 

©たなかよ

 

 - たなかよ

ad

ad

  関連記事

shisho
ウニ『師匠シリーズ』

    「人が死んだらどこに行くか知っているか。どこにもいけ …

penguin_highway
森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』

    「世界の果ては折りたたまれて、世界の内側にもぐりこん …

jointa
水越ひろ『関節技極意』

    この世に数ある武術書を読むにあたって我慢ならないこと …

meros
森見登美彦「新釈走れメロス 他四篇』

    オカシミと畏れが共存してまだら模様を生み出している。 …

S__36577290
山田英司『八極拳と秘伝―武術家・松田隆智の教え』

    人間は多面ダイスだ。人間同士が付き合うときには知り合 …

yojouhan
森見登美彦『四畳半王国見聞録』

    「我々人類に支配可能なのは、四畳半以下の空間であり、 …

gorin
宮本武蔵『五輪の書』

    日本武道史上最強の武道家といえば、多くの人が宮本武蔵 …

death-renewal-catharsis-300x277
小野不由美『丕緒の鳥』

    屍鬼など、有名作品を手がける作者のシリーズ作品、人呼 …

S__37888341
ソポクレス『オイディプス王』

    オイディプスの名は“エディプスコンプレックス”のエデ …

foxtail
森見登美彦『きつねのはなし』

    「でもねえ、今でも思うんだけど、嘘だからなんだという …