Biblo


短時間でさっと読める味のある書評サイト

*

詩・谷侑雄/絵・後藤グミ『どれも特別な一日』

      2014/08/17

 

 

 

数々の写真詩集を刊行されている詩人・谷侑雄さんと、イラストレーター/漫画家・後藤グミさんの詩画集。

 

谷さんの文章は、驚きに満ちている。

普段誰もが使っている言葉なのに。

 

きっと、その着眼点と視点の移動順序、思考の反射が、我々が普段意識しない方を向いているからだ。

みんなが気がついていることを、谷さんの詩は「実はね」とそっと耳打ちをするように教えてくれる。

言葉で聞くと「そんなの知ってるよ」と口答えしてしまいたくもなるのだけれど……いやいや待てよ? 私は本当に銀杏の黄色が生まれるまでの寒い夜を知っていたか? 子供の世界の輝きを? 明日の意味は?

 

サンタクロースの正体はお父さんだっけ?

 

【名文】

みなさん

悲しいこと

苦しいこと

いろいろあるけれど

どれも大切な一日なんです

 

先生の

真剣な言葉を

笑った僕ら

 

その先生に

謝りたい

 

©谷川文屋

 

 - 谷川文屋

ad

ad

  関連記事

関連記事はありませんでした