Biblo


さっと読める書評サイト

*

ナイジェル・ウォーバートン『思考の道具箱』

      2014/08/17

 

 

あなたは何でできている?

あなたを占める一番大きなものは何?

それは思考だ。

あなたはいくつの思考で作られているだろうか? 1つ? 2つ? たくさん?

あなたは思考に支配されているだろうか? 支配しているだろうか?

この本には、基本的なものから複雑なものまで多くの思考が載っている。

いわば思考の辞書であり、人間を形づくる要素の一覧表だ。

 

人間を作る一番重要な要素は『思考』であろう。

意識的であれ無意識であれ、人は多くの時間を『思考』とともに過ごしている。

あなたが片思いの真っただ中にいるとき、あなたの1日はそのことでいっぱいだ。

恋は盲目というが、あなたは『片思い』の思考に支配されている。

 

あなたは声が大きいだろうか? 日常的に声に緩急をつけているだろうか?

小さいころに自分の話を聞いてくれない環境にいると

成長してから上述のような性質になる。

あなたは「強く主張しないと自分の話をきいてくれない」という思考に陥っている。

しかも支配されていることにさえ気づいていない。

 

何かを扱うためにはその何かを意識する必要がある。

意識するためには言語化する必要がある。

『もの』ならまだいい。『思考』だと大変だ。

名前を付けにくいので、油断していると支配されてしまう。

『オッカムの剃刀』とは反対の思考に支配されている人は

なぜ自分が心配性と思われるのか、

自分では頭が良いと思っているのに馬鹿にされるのか一生わからないだろう。

 

今あなたは『この言葉は何だ?』と思い調べているかもしれない。

しかし、もしこの名前を知らないとしたら?

試しに『オッカムの剃刀』というワードで調べないで、この意味を突き止めてほしい。

『思考の名前』を知らない人は、ここまで苦労してやっと自分の欠点を扱えるのだ。

自分がいくつの思考で作られているか?

つまり、どの思考をよく使うのか?

この本で調べてみてはいかがだろうか。

 

©やのぱそ

 

 - やのぱそ

ad

ad

  関連記事

貴志祐介『悪の教典』

    SF・ホラー作家、貴志祐介の有名作である。映画化もし …

本田健『ユダヤ人大富豪の教え』

    あなたはお金の奴隷だろうか。それとも主人だろうか。 …

美月あきこ『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』

    グリーン車とはわけが違う。 160万円。金額にして6 …