Biblo


さっと読める書評サイト

*

立川談春『赤めだか』

  2015/12/04    たけと

    溺死   読了後、熱帯魚店に赤めだかを眺め …

村上春樹『ウォーク・ドント・ラン』

  2015/11/06    しゅり

    衝動とその収束   いつからかこう考えるよ …

村上春樹『職業としての小説家』

  2015/10/30    たけと

    思想の証明   今回の『職業としての小説家 …

村上春樹『風の歌を聴け』

  2015/10/23    しゅり

    はじめの一歩   「君は君自身を太宰治と並 …

村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』

  2015/10/16    しゅり

    走ることについて語るときにわたしの語ること &nbs …

絲山秋子『海の仙人』

  2015/10/10    たけと

    孤独の殻   「運命の女性」の死でさえ、か …

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

  2015/09/23    たけと

    びんぼう   「カネ」の話、というよりは、 …

佐伯一麦『ア・ルース・ボーイ』

  2015/09/05    たけと

    自律   おだやかに、毅然と、質素で、てら …

宮城谷昌光『劉邦』

  2015/07/29    たけと

    個と国家 作家生活25周年目の節目にあたる作品だ。中 …

筒井康隆『世界はゴ冗談』

  2015/07/26    たけと

    老いと文学   2020年東京オリンピック …

いしいしんじ『プラネタリウムのふたご』

  2014/12/15    ぐりこ

    ある日の雑談   文庫にして本編519ペー …

辻村深月『ふちなしのかがみ』

  2014/11/23    しゅり

    模倣   羨望がみえる。彼女が幼いころから …

森見登美彦「新釈走れメロス 他四篇』

  2014/10/20    たなかよ

    オカシミと畏れが共存してまだら模様を生み出している。 …

よしもとばなな『High and dry(はつ恋)』

  2014/10/16    しゅり

    見える人、信じる人   彼女は見える人だ、 …

ウニ『師匠シリーズ』

  2014/10/13    たなかよ

    「人が死んだらどこに行くか知っているか。どこにもいけ …

川上弘美『センセイの鞄』

  2014/10/09    しゅり

    センセイ。 ていねいになでつけた白髪、折り目正しいワ …

ソポクレス『オイディプス王』

  2014/10/06    たなかよ

    オイディプスの名は“エディプスコンプレックス”のエデ …

綿谷りさ『インストール』

  2014/10/02    しゅり

    堕落の向こう 聖璽、という名は覚えていた。マンガ版を …

小野不由美『丕緒の鳥』

  2014/09/29    たなかよ

    屍鬼など、有名作品を手がける作者のシリーズ作品、人呼 …

吉本ばなな『白河夜船』

  2014/09/25    しゅり

    死か、不倫か。 ひとりの空間に慣れすぎると、だんだん …

吉本ばなな『ハチ公の最後の恋人』

  2014/09/21    しゅり

    混ぜるな、きけん!   あ、また戻ってきた …

江國香織『すいかの匂い』

  2014/09/18    るりさん

      きっと江國香織の思い浮かべる夏と私の思 …

本谷有希子『ぬるい毒』

  2014/09/15    ぐりこ

    流れる水のような本だった。湧き出たばかりの清水から、 …

東島誠,與那覇潤『日本の起源』

  2014/09/11    がちょポン

    現在、日本で最もときめいている歴史学者といってもいい …

伊集院静『いねむり先生』

  2014/09/07    いけざわ

    私にこの本の存在を教えてくれたのは睡眠科医の先生だっ …

都甲幸治『偽アメリカ文学の誕生』

  2014/09/03    こーじ

    「都甲幸治は裸で叫んでいる」というオビ文が彼の新刊に …

山田英司『八極拳と秘伝―武術家・松田隆智の教え』

  2014/08/30    たなかよ

    人間は多面ダイスだ。人間同士が付き合うときには知り合 …

山田英司『武術の構造——もしくは太極拳を実際に使うために』

  2014/08/26    たなかよ

    あなたは武術を実際に使えるものだと考えているだろうか …

江國香織『スイートリトルライズ』

  2014/08/22    るりさん

    「人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとする …

小川洋子『薬指の標本』

  2014/08/18    R

    辛い出来事や悲しい過去を全て自分から切り離して遠ざけ …

高橋源一郎『一億三千万人のための小説教室』

  2014/08/14    こけし舟

    言葉のキャッチボール、文章のキャッチボール、小説のキ …

詩・谷侑雄/絵・後藤グミ『どれも特別な一日』

  2014/08/14    谷川文屋

      数々の写真詩集を刊行されている詩人・谷 …

香山リカ『劣化する日本人』

  2014/07/27    たけと

    「自己愛」と「日本人の劣化」。最近のリカ先生は、この …

池上彰『ニッポンの大問題』

  2014/07/17    ぐりこ

    茶の間でおなじみ、池上彰の本作は「分かりやすい」ニュ …

村上春樹『女のいない男たち』

  2014/07/02    たけちよ

    「女のいない男たち」は村上春樹の9年ぶりの短編集とし …

村上春樹『女のいない男たち』より「イエスタデイ」

  2014/07/02    つじどう

    登場人物は、必ず行動をする。作品に登場するからには、 …

村上春樹『女のいない男たち』

  2014/07/02    美慕

    思った通り軽めの作品でした。軽いのが悪いというわけで …

北杜夫『楡家の人びと』

  2014/05/29    マダガスカル竹林

    とても気楽には読めない分量と重々しい内容の割には、文 …

R・F・ヤング『時が新しかったころ』

  2014/05/27    たけと

    誰がこの本を手にとったとき、狂おしいほどの悲痛なラブ …

古市憲寿『絶望の国の幸福な若者たち』

  2014/05/22    いけざわ

    若者論はおじさんが語っているイメージがある。おじさん …

吉本ばなな『体は全部知っている』

  2014/05/19    しゅり

    魂が体に勝るとき   器が邪魔だ、と思うこ …

早川いくを『へんないきもの』

  2014/05/15    ぶんちょう

    以前テレビ番組などで紹介されたこともあり、ご存じの方 …

美月あきこ『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』

  2014/05/13    やのぱそ

    グリーン車とはわけが違う。 160万円。金額にして6 …

J. アルバート, J. ベネット『メジャーリーグの数理科学』

  2014/05/08    さかい

    球場には様々な楽しみ方をする人達がいる。 外野スタン …

ジェフリー・ユージェニデス『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』

  2014/05/06    こーじ

    誰が自殺者を殺すのか   「ヘビトンボの季 …

棚橋弘至『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』

  2014/05/03    みゆさん

    当サイトの数ある文学的な本の書評の中にこっそりとプロ …

筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』

  2014/05/01    がちょポン

    筒井康隆がラノベを書く。その触れ込みに惹かれずにはい …

綾小路亜也『サラリーマンの本質』

  2014/04/27    たけと

    ピンチに見舞われる人には常にピンチがふりそそぐし、チ …

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

  2014/04/22    美慕

    自分がもっている小さな頃の記憶、イベントではなく、脈 …

水越ひろ『関節技極意』

  2014/04/17    たなかよ

    この世に数ある武術書を読むにあたって我慢ならないこと …